華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

女性の高収入が魅力にならない問題は、若い可能性に与えて育てることで解決する。

男性の高収入は魅力なのに、女性の高収入が、なぜ魅力につながらないのか問題。

これは、根深い。

 

なぜならば、根底には、女性特有の、人間関係に対する不安や恐怖があるがゆえの警戒心が働いてしまい、新しく出会った人間にたいして、ギブをして与えて育てることができないがために起きているからだ。

 

ゆえに、もうすでに決着がついている層の同年代の幅での人間関係にこだわってしまうし、新たに人間関係を構築するとしても、同年代という壁を打破できない。

 

ここにこそ、問題がある。

たしかに、世代が違えば、会話もかわるし、お互いに気を使うことが増える。

だけど、与えて育てることができる人の周りには、必ず老若男女、世代を問わず人が集まるし、孤独を知らないで済む。

 

別に、恋人だとか結婚という形式にこだわらなくていい。形式が必要なら、そうしたらいいけど、人が必要なら、まずは愛着を育てることからはじめた方がいい。

 

例えば、子どもを育てるように、若い世代を育てること。

弟子を育成したり、エンジェル投資家になってみたりすること。

 

高収入の男性のうち、自分たちの生活満たされてきたなーとなってきた男性って、けっこうね、周りにギブしている人多いんですよ。

ちゃんとギブしている人たちだから、まわりの異性である女性も、魅力に感じるし、寄ってくるわけですよ。

だから、高収入が魅力につながるわけで。

 

たとえ高収入であったとしても、そのお金を自分に使ってくれない、まわしてくれない人に、人間って、魅力かんじないよ。

 

お金ってところ、時間とか、手間と言い換えてもいい。

 

まわりにギブをして、人間関係を育んでいける人は、年齢関係なくモテるし、収入関係なく人が集まるし、恋人切らさない。

たとえ独り身でも、友人や仲間に囲まれていて、孤独にはならないよ。

 

年を取って独り身がさみしいとかんじることが日常になるのであれば、それは、あなたがまわりの人間関係において、テイクに比べてギブが少ないってサインだよ。

 

だから、ギブの割合を増やしたら、うまくいくようになるよ。

そのためにも、自分の中にある、不安、恐怖、警戒といった心を知ることだよ。

そのうえで勇気を出すこと。

 

WEB環境の普及で、今までならありえない出会いも増えた。

だけど、それを生かしきれない人が多いと思う。

まずは、今そばにいる人を育む、人がいないのであれば、さがして育む。

育んだ先にあるのが、結婚なんだよ。

でないと、幸せな結婚生活にならないもん。

 

与えて育む。

もう、高収入を得られたあなたは、尊敬をしている人を追いかける恋のステージは、すでに卒業しているの。

だから、今度はあなたを尊敬してくれる人を育む愛のステージに進もうね。