華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

YouTubeの方がいいのか?ブログはオワコンなのか?

ブログも、トップは出そろい、たいていの情報ジャンルは出そろってきました。

 

オワコンなんでしょうか?

 

たしかに、匿名でやるのなら、オワコンだと思います。

法人化させてる人には、勝てねぇ。

また、ブログだけで食べるのも、またオワコンかもしれません。

 

しかし、キャラクターを売るための場所としてなら、出口ではなく、誘導する場所、教育的なポジションあたりは、まだ役割終わっていないのではないか、とも思うのです。

 

YouTubeチャンネルを、最初に見てもらうのは、ほんとにハードル高いんですよね。

 

チャンネル登録者数少ないチャンネルは、そもそも見てもらいにくいです。

知らないのに、売れるわけがない。

だから、YouTube販路としては、まだ力になる。まず、YouTubeチャンネルの存在を知ってもらうためのきっかけになるということですね。

バナーがはれるとなお強いということになりますね。

 

というか、フロー型になるものの、配信サイトの方が、初見さんに発見してもらいやすく、オススメの力がきくってどういうことよ。

 

そのへん、TicTokは、ストック型でありながら、通りすがりの初見さんに見てもらえます。

投稿待ち中にオススメ動画が出てくる仕組みなんです。オススメ動画は、たいていバズった動画ですが、ちょいちょい新人の動画も入るし、ファン数に関わらず、バズりやすいんですね。

とりあえずは、だれでも二百回前後は見てもらえます。

 

で、

TicTokとYouTubeは、同じ動画コンテンツです。

ショートムービーとロングムービーの違いはありますが、動画見る層がそのまま流れてくれるので、誘導として使えます。

 

ブログは文字コンテンツなので、たとえYouTubeチャンネルはっていても、これを読んでいるあなたが、出先などで音声を出せない、動画視聴が難しいタイミングである可能性があるんです。

 

TicTok→YouTubeの流れなら、そのおそれは少ないです。

 

じゃあ、やっぱりブログオワコンやん。

ってなるのですが、そうだとしても、YouTubeとて、永遠じゃない。

 

まだハネてないだけで、ウケるだろうというコンテンツ予測に、VRがあります。

これは、ゴーグルの普及度合いによって変わりますが、ゴーグルさえ普及していけば、スマホの時代は終わります。

 

こうなると、動画コンテンツであるYouTubeは、とてもきびしくなります。

また、斬新で洗練されたシステムをもつTicTokも安泰とは言えなくなります。

 

こうなったときに、VRコンテンツと既存のフォロワーをつなぐコアになる可能性が高いのは、ブログだと思います。

なぜなら、文字を読むくらいの人って、けっこうコアなファンになりやすいからです。

 

今までの積み上げをムダにしないために、ブログも維持するということです。

 

華志笑かしわ - YouTube

 

わたしのYouTubeチャンネルです。