華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

指の毛の処理は、したほうがいいぜ。

ずっと、ずっとモヤモヤしていたことがある。

うまく言葉にできなくて、伝えきれなかったこと。

 

正確には、実は察しの良い私の主人には、この問題については、とても良く伝わっていたこともあり、特別伝えなきゃいけないというほどでもなかったせいでもある。

 

それは、男性の指の毛の処理の必要性である。

 

結婚できていて、仕事も初対面の相手と会いまくる仕事じゃないのなら、その人は、別に指の毛に関して、そこまで神経質にならずとも生きていけるポジションをゲットできてるから、それでいいとも思うんやけども、婚活してるっていうのに、ひげ剃りのついでに指の毛の処理をするという、ただそれだけのことで、初対面の相手からの印象アップすることに気付いてないやつ、なんなんだよ。

 

そんなやから結婚できへんのやろがー!

と、喝を入れさせていただきます。

そう、服装、髪型、眉毛と並ぶくらいには、指の毛の処理は大事です。

 

なぜか、というと、指の毛は、夏はもちろん、冬でも長袖でも隠れずに見えている部分だからです。

手袋をつけて生活することは考えにくいので、おそらくほとんどの男性は、生えっぱなしの指の毛をそのまま見せて街を歩いているのです。

それって、無精ひげをそのままにして出歩いているのと、同じ印象を相手に知らず知らずの間に与え、植え付けていることに本人は気付いていないのです。

 

眉毛とちがって、指の毛は、全部剃り落とせばいいだけです。

ど素人でもできます。

 

髪型や服装、眉毛に関しては、お金をかけてプロにお願いした方がいい結果が出るかもしれません。

 

しかし、指の毛の処理は、今すぐにでも着手できることです。

なのに、他の人は、やってないのです。

そこ、やらなきゃ損でしょ?

実際やらずにいて損してるやん。

じゃあ、新年の仕事始めからでもいいから、指の毛の処理はじめてみようよ。

 

それだけ。