華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

人生、自分以外は皆、脇役です。

私は、私主観の人生ドラマにおいては主演です。

しかし、私の旦那の目線だと、私は旦那主演の人生ドラマの相手役なんです。

そして、私は息子主演の人生ドラマの母親役です。

また、私の母親からみれば、私は娘役です。

 

私とリアルに深く関わる人は、皆が、私の人生ドラマにおいて、主演と同レベル位の重要な役柄であると、わかると思います。

 

逆もしかり。相手から見ても、私は主演並の重要な役柄だからこそ、台詞も多いし、出番も多いんです。

 

これを読むあなたから見れば、私は、脇役です。

 

私が、あなたの人生の悪役を担うこともあるでしょうし、あなたの人生の先生役をするかもしれないし、あなたの人生の背中を押す一言役かもしれないけれども。

 

でも、私は、あなたの人生ドラマの主演にはなれません。

だから、あなたは、あなたの人生ドラマの主演を演じきる責任があります。

端役や、脇役で満足しないでください。

脇役の言葉ごときに、揺れないでください。

 

あなたは、あなたの人生ドラマの主演なのですから。