華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

おはようございます。

華志笑(かしわ) Powered by LINE

LINEブログも書いてます。

 

最近、ブログより、配信の方が、見てもらえやすいのではないか、と思うようになってきました。

 

なにより、反応があるかないかは、違う。

 

動画で有名なYouTubeも、生配信をはじめるような時代。

 

ただ、リアルタイムで人と話すだけのシンプルなことが、一番面白いのかもしれません。

 

離れた場所に住む、出会わないはずの人とも出会えて喋れる時代。

情報は、溢れてる。

 

問題は、それを使いこなせるか使いこなせないか。

 

私は、教わったことを頭の中に入れておくためには、実践し、紙に(まぁ、これはブログでもえぇんやけども)メモを書き、自分の仮説や思いもしたため、さらに実践をし、記録する、という繰り返しには、かなわないって思っていまして。

 

学生時代の板書と、ノートにまとめるのと、テスト勉強を自分でしてみるのと、テストの繰り返しですね。

 

学問なら、間違えてる場所がすぐにわかるけど、人生には答えがいっぱいあるから、そうもいかない。

 

もし、人生に正しい答えがあるとするならば、それはあなたがやってみたいこと。

そして、障害があるならば、その障害を突破するには、どうすればいいかを考える。

 

そこに、恵まれてみえる人をうらやむのではなく、おとしめるのではなく、どうすれば自分がそうなれるかの、方法を考え、実践する。

 

もちろん、そこにはリスクがあるし、自分の人生を否定し刷新する必要もあるかもしれない。

だから、辛いこともある。

 

だけど、うだうだ言いながら変わらないでいるよりは、ずっといい。

 

まぁ、そのあたりは、個々の自由なので、自分の人生を生きるか、諦めた人生を生きるかすら、あなたの自由なのだ。

 

言葉は、実践、実行という行動を伴ってはじめて、理解が進み、言葉の力が生かされるのだから。

 

実行されない言葉は、無力なものなのだ。

 

だから、あなたの前にあらわれるどんなに有用な情報も、生かせないまま忘れ、力になれずにうまくいかなくなる。

実行というアウトプットと、記録というアウトプットが足りていないのだ。

 

インプットは、アウトプットされてはじめて自分のものになる。

 

アウトプットされないインプットは、ゴミとして捨てられてしまう。

 

出来る人と出来ない人の差は、そこにある。