華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

一人になりたいとき。

一人になりたいって欲求を理解出来る人って、案外いないものですね。

口では、わかるよーっていう人ほど、いざ、一人になるタイムを満喫していると、邪魔してくるもんです。

つまり、わかってない。

 

周りがわかっている人の場合、案外、何も言わず、だけど、実行を邪魔してこないのです。

 

そう、邪魔してこないって、最大の支援なんです。

 

これがないがために、世の中の大半の人が苦労してるといっていい。

つまり、足の引っ張りあいをしあっている人らでつるむから、うまくいかないのです。

 

邪魔してこないって、最高。

こんな風に考えられたら、大体の人間関係は不要なものだと気付きます。

 

まぁ、不要だからってかなぐり捨てられる人ばかりではないですがね。

 

全部の考えに賛同する人間自体がいないんですからね。

 

だから、せめて、自分のやりたいことを邪魔してこない人間で周りをかためたいですね。