読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

息子とデート。

昨晩の夜泣きのせいで、ずっと眠たい。
昼寝をしてみたりしたが、眠たい。
そこで、近所の前から気になってた店にいってみた。
レストラン満水亭。
外観は、どこかお城っぽい。
失礼を承知で言えば、パッと見ラブホテルっぽい。
レトロな食品見本が並ぶ店先が、ここはレストランだと主張する。
宴会場も二階にあるようだが、お昼過ぎの客は私達くらいしかいなかった。
一歳七ヶ月の息子を連れていたので、座敷もありますよって声に従い、席に座る。
息子はお子様ランチ800円、私は日替わりランチ900円のを頼んだ。
水をのみながら、息子が灰皿で遊びだす。タバコが吸えるらしい。しかし、他に客はいないから、全く問題はなかった。
ボリュームがあるランチが出てきて、少々びっくりした。
日替わりランチのドリンクをきかれたので、コーヒーをお願いした。
味は、可もなく不可もなく。
強いて言えば、サラダの鮮度がやや危ないような気がしたくらいだろうか。
ただ、これだけ客が居なければ、食材の回転を保つのは難しい。
フライは美味しかった。
全体的に、値段は高い。
息子は、小さなフードファイターだ。空腹も手伝って、がっついている。
出前サービスもあるそうだが、これで存在を維持しているんだろうか?
どこに出前を持っていくのか、どこから注文があるのかという謎はある。
働くなら、こういう潰れそうで潰れない店で働きたいなぁとふと思ったりする。
まぁ、中々募集はないだろうが。
息子が遊びだした。満腹になったのだろう。残りを私が食べた。
勘定の時、卵ボーロは食べられるかきかれた。
最近は、アレルギーも増えているもんなぁ。
うちの息子は、今のところ大丈夫なので、先方に甘えてお菓子をいただいた。
帰ってきて、絵本を読む。
LINEを確認すると、旦那から連絡が入っている。
旦那よ、ごめん。
まだお腹は満たされている。どうしよう。
とりあえず、今夜こそは私達を眠らせてくれ、息子よ。