華志笑の心の通信記録

日々を書き留めた雑記ブログです。

ツインレイ、ツインソウル関連ブログ書けば、確かに読まれるが。

このキーワードを入れれば、一定以上は必ず読んでもらえる人気ワードとわかってはいるが、あまり書きたいと思えないワードがありまして(^_^;)

 

理由は、知っていけばいくほど、不特定多数に教える話ではないと感じることもあるんですが、それ以上に、日本語ブログでこのキーワード入れたブログを読む層がおそらく、読み手自身の恋愛感情と結び付けが強すぎになりがちなので、歪んで読まれるキケンが強すぎるというか

歪んで読まれようがなんだろうが、知ったこっちゃない精神でないと、公開ブログも公開SNSもできないわけだが、それにしても、である。。。

また、書き手である私自身も、関係性が近くなりすぎるタイミングで書いてしまうと、冷静さを欠き、誤解を招く表現になりがちだから、ということもあるかなー。

 

ツインレイ、ツインソウルって、そこまで恋愛と結びつけたり、こだわる必要あるかい?

 

エロいワード入れれば読まれるというのと、同じくらいには読まれるのは、実はアクセス解析からわかっており、発表する場所を問わず反応が飛ぶ人気ワードのひとつなんですよ、ツインレイとかツインソウル。

 

まぁ、だからこそ、このワード出すの、躊躇するんですよね。

だって、文章で伝えようが動画で伝えようが、言葉にできない関係性の話ですので、そんなもの、参考にはできるかもだけど、恋愛ハウツーみたいな、だれにでも役立つ内容にはできないんですよ。

それをムリヤリ言葉にしたら、語弊ばかりになるじゃない?

だから、書かない方がよくね?って。

知識としては、あっても。

 

と思っていたのです。

 

ツインソウル、ツインレイの関連の商売。

ツインブログ書いてる人たち、いつの間にかセミナー開いたり、セッションはじめたりして、商売はじめてる人多いですよね。

彼ら彼女たち、ホントにツインレイと出会っているのかな、って疑わしい。それがニセモノホンモノと言い出す源泉になってると思うんです。

 

商品作って、価格を付けて、売る商品の需要を高めて、売りにいく、というのは、商売の基本ですから、それはツインブログでもそうなりますからね。

また、占い師にしても、スピリチュアルカウンセラーにしても、なんにしても、今は競争はげしいので、売上あげるために知識つけたいブランディングしたいというのもわかるのです。

女性がピンで活動していたり、夫婦二人で活動してるけど金持ちそうにみえない、なぜ有名にならない人が多数なのか、の原因が、実はココなのですね。

日本人が日本語でブログ書いて活動するレベルの話では、日本人の人口データ的にも、残念ながら、小さくなっていくパイで食い扶持得ようとするようなもの。

英語力つけて英語で鑑定します、とかでも、結局趣味の話だとか、ニッチな需要を満たす話になっていくので、過剰な参入状態となってます。

だからといって、占いの館に所属する鑑定士というのも、それなり以上にたしかな鑑定力がないと所属できないし、なによりも、契約をどこかとかわさなくても、一応はブログ書いて勝手に名乗って商売できるのですよね(-_-;)

登記するとか、開業届出すとか、色々ありますけど、それと館に所属できるかどうかとは関係ないのでね。。。

 

だけど、フリーランスの占い師とかカウンセラーが、なんのコネもなく食えるほどは甘くはないわけです。

そこで、すぐに集客して、お金にしようとしたら、ツインソウル=恋愛の方が都合よいのですよ。

ということで、ツインソウル、ツインレイ鑑定士が増えるわけです。しかも、だれでもなれると感じた皆さんは、続々鑑定士デビュー(実際、占い自体はある程度、占術勉強すればだれでもできるようになりますからね。)

そんな流れですね。

ツインソウルやツインレイの知識は持ち合わせてらっしゃるでしょうけども、ツインレイと出会い体験する魂ではない可能性が高いですね。

ただ、私はツインレイにこだわる必要もないと思ってもいますけどね(^_^;)

 

そうそう、実際のツインソウルっていうのは、直訳すれば双子の魂。

つまり、性別関係ないし、関係性にしても、現世でいう恋人や夫婦とは限らないのです。

つまり、肉親関係のケース、親子や兄弟姉妹の場合もあるし、親友のケースもあるのです。

なぜなら、ツインソウルだとかツインレイという話は、私達が現世で遊ぶときのアカウントの裏設定にすぎないから。

表設定の関係性は、あくまでも、ある程度までは自由意志で選べるし、選ばない自由もある。関わらないことも関わることもできる。

でも、現実世界に現れる、毎日会えるというのは、よほど強い縁がないと引き寄せられないです。好き嫌いの感情関係なく、現実世界って、そうそう簡単に人がホイホイあらわれるフィールドではないのですね。

だから、今の目の前にあらわれた人を大事にしましょうとかって話にもなってくる。

つまり、ツインレイに出逢いたい!とがんばらなくても、ツインレイはつながりが深いので、この世にツインレイが二人いてる状態でなおかつ、必要なら必要なタイミングで、勝手に出会ってしまう、というのが正しいです。

 

 

昨今、ネットでの出会いから現実世界の出会いに発展していくことが当たり前になり、恋人ならネットで調達するようになってきていて、感覚マヒしてるのかもしれませんが、毎日連絡できて、毎日会えるというのは貴重。

現実世界にあらわれる縁の方が濃いので、どんな出会いであれ、現実世界にあらわれてから悩んでも遅くはないし、実際に現実世界の現実の三次元フィールドの存在同士の話です。

 

現実にいない人間ではないのです。

 

そこで、価値観のちがいなどから、お互いささいな言葉の受け取り方のちがいが生まれ、ささいなカチンとくるものを感じて、それが積み重なって、別れへとつながる、というのだって、ツインレイだとか、ツインソウルだとか、ソウルメイトだとか、魂の繋がり方のレベルの話ではなくて、どっちかというと現実世界の話ですよね?

 

そこに立ち返ると、だいたい求め合っててもうまくいかない原因、ここだな、とわかるのではないでしょうか?

 

そもそも、現実世界は、一対一の人間関係だけじゃないから。

 

ツイン関係の情報ばかり追いかけると見逃しがちなことですが、現実世界は、一対一だけではないですよね?

一対集団とでも言いましょうか、一対複数の人の関係性で成り立ってます。

そこに恋愛感情持ち込んだら、どうなりますか?

 

女の政治とよく言われてますが、ようは、他の人、特に同性の相手が足引っ張りだす、なんてこともあり得るのです。

 

つまり、アピールする前に、裏で根回ししとくなど、とことん狡猾になりきるか、周りの人からの巻き添え食らわないように、一対一の関係性を維持できるように心がけるか、あたりになってきます。

 

しかし、人というのは一人で悩みを抱えると、とにかく悩みを解き放ちたくて、誰かに話をしてしまい、結局は秘密でもなんでもなくなります。

 

言葉にできないなんとなくを言葉にできれば、ホントにラクになれるのです。。。

それで、男性との関係性において、一対一の関係を保てないのですね。

そうなると、軸がブレ出します。

彼氏がいる女性は、同じ女性のうち、美人だったりキレイだったり色気あったりして、自分よりも魅力レベルが上の女性が、恋愛活動しだすことを恐れています。

既婚者という契約を交わしていたとしても、恐れるほどです。

なにを恐れているのか?

自分の愛する人を横取りされることです

 

この心配や恐れをいだく女性同士で、邪魔入るわけですね。。。

しかし、この視点はツインレイ男性には見えませんし気付きません。

ゆえに、ツインレイ男性に限らずですが、男性は、うっかり本命女性以外の周りの女性が不安がるスイッチ押しちゃって、本命女性を困らせた結果、フラレるという方向にいったりするわけです。

 

最近の恋愛シーンでは、こういったことを未然に防ぐために、恋人や結婚相手さがしをしたいときは、マッチングアプリを使うそうですが、これはこれで、相手が独身である保証もない、もし独身であっても離婚歴あるかもしれない、子どもいてるのかもしれない、子どもほしい希望と子どもほしくない希望というあたりも食い違いあるかもしれないというあたりが自己申告制のため、申告さえしなければ、結婚するそのときまで、お相手の知るべきところを知らないまま、結婚の契約を交わしてしまう問題が出てきてしまうのです。

 

恋愛せずに周りが勝手にお見合い結婚すすめるシステムにしても、魅力下位の男女だと望んでない結婚になりがちだったので、システム壊れて、自由恋愛して結婚したい人がする時代になってしまうと、問題解決したのかと言われると、新たな問題が出てくるだけ。。。

恋愛しない結婚しない人生ならば、たしかにこんな問題は出てこないかもしれませんが、自分の子どもを産んで育てるという本能をいかに抑えるのかということにつながります。

それに、子どもがいないということは孫もいない、自分が死ねば終わりということ。

これはこれで、後世にその遺伝子は残らないという問題はあるのです。

 

こういった現実から逃れるフィクションとしてのツインレイ物語を求めてしまえば、ツイン商法に引っかかるだけで、恋愛の本命に振り向いてもらえるのならいいけど、チェイサーだのサイレント期間だのと言われて、諦めることもできずに、振り向いてももらえないという状況に陥るわけですね。

 

……。本物のツインレイが恋人あるいは夫婦になったというものがもしあるのならば、そのカップルは、こういう商法するかなぁ(^_^;)

もっと規模の大きい、別の仕事してはるのでは、と思うのですよね。

もし、ツイン商法やるにしても、ものすごく有名になりそうですし。。。必要だからやるのならばね。占い知らなくても名前は知ってる占い師とかスピリチュアルカウンセラー並みに有名人になるはずですよ。

有名にもならないということは、必要ないのですよ。

こういう世界も、結局はスポーツ選手や芸能人と同じで、ごく一部の超すごい成績と売上あげるトップ層以外は無能扱いで、仕組みの中で食わしてもらうか食えないか、なのです。

 

そこいらへんは、サラリーマンが恵まれていて、サラリーマンや公務員がいいと言われる所以ですが、これはこれで、安定したお給料というと聞こえはよいですが、月収20万もいかない手取りが当たり前の生活のまま、やりくりすることになります。

 

じゃあ、ガツンと稼ぐ手段って、ないの?と聞かれれば、有名にならずとも、事業はできる、という事実にたどりつきます。

だれをお客さまにするのか、どんな事業内容にしていくのか、という話になってきますけどね。

世界規模で考えると、食えるのみならず大稼ぎすることも可能な案件は山ほどあるのです。

 

 

 

兄弟が二人遊びしはじめた。

上の子が幼稚園に入り、下の子が1歳を過ぎるあたりから、徐々に兄弟で遊びはじめ、今では、兄が一方的に弟に怒るカンジではあるが、ケンカらしきものも観測されるようになりつつある。

 

どうやら、兄弟の関係性の相互性が見られるのは、このくらいの年齢からはじまるのだなとわかってきた。

 

 

 

多様性と住み分けと攻撃性

昨今の日本人による日本語でのネット世界の住み分けや場所の使い方をみると、一気に拡散しすぎてしまう性質の強いSNSでは荒れやすく、他は穏やかといった傾向が見受けられる。

 

日本語のネット社会に問題あるからといって、欧米やアジア各国、南米などのネット世界の使い方が理想とまではいわない。

あれもあれで問題はある。

 

ただ、簡単に荒れた言葉を悪ふざけ感覚で言えてしまうことに関しては、それをしたユーザー側に何らかの因果応報の仕組みが働く必要があるだろうと言える。

だからといって、発言を安易に封じよ、となると、それはそれで問題はある。

 

paypayやLINEpayといったサービスとSNS各種をつなげる仕組み 

 

どのユーザーもSNSなりメッセージアプリなりを利用するだろうという下地ができ、問題の多い発言内容の通報などを通じて、ある程度はブラックユーザーと言えそうなユーザーの目星もついてきた頃だろうと思う。

 

公共料金や税金の支払い、日々の細々とした買い物の支払い、すべてにpayが使えるようになってきている。だが、今はまだ、移行期間といっていい。

そのうち、SNS各種での言動で心動かされた人々がpayによる現金投げ合い文化にうつる。でも、これだけだと、paypayやLINEpayが生活資金となるのは、ごく一部の人間だけの話っぽくなってしまうだろう。

SNSで匿名で暴れても別に困らないという人がこれだけでは減らない。

さらにすすみ、オフラインでの労働の給与の支払いのベースシステムがpayによる支払いに移り変わると(ここ大事)、匿名のハズのインターネットでの言動のデータベースが、信用データベース化され、payによる給与支払いやオフラインでの就労に影響を及ぼすことは考えられうる。

 

すべてのSNSの、すべてのアカウントでの言動が、公のものであり、すべて己の給与に左右されるとなると、すべての言動が自業自得となるのだが、自業自得だからといって、人々を見捨てていくことをすれば、それも評価基準に入るので、安易に仲間外れもできないという仕組みだ。

 

となると、最初から仲間にしないという圧が強くなる問題はあるのであるが……。

 

それこそ、かつては自慢げにお金を豪快に使って経済をまわしてくれた、お金持ちが、自らのお金をかくし、一部のコミュニティ内でしか、お金が動かない仕組みになったのと同じように……いや、加速しかねないのかもしれない……。

 

いまできる自衛策があるとするならば、安易にインターネット上で炎上した話題には乗らない、アンチコメントをしない、このあたりだろうね。

結婚できるおじさんと、結婚できないだろうなというおじさんとのちがい。

昨今の風潮は、歳を重ねておじさんになってしまった男の人にとって、世知辛い。

それは、私の弟の未来だったり、息子たちの未来の姿でもあるので、やはり、放っておけないなと思いもする。

そんな私でも、積極的に関わりたいと思えるおじさんと、そっと見なかったことにしてあげようと思うおじさんがいるのである。

 

本人は、未来の奥さん募集中だとか、いつか結婚したいと思ってらっしゃるのに、可愛い女性にたいして、素直になれず、可愛いと言えないだけでなく、こんなものはいらないとばかりに、叩き壊すような言動をしてしまう。

こんなおじさんは、見かけると、そっと見なかったことにしてあげようとなってしまうんである。

 

もっと、素直にほめ合おうよ。

まずは、素直にほめることから、はじめてみてほしいとつくづく思う。

SNS上のキャラクターだけからでもいいから、ためしに褒め活してみてほしいな、と。

 

しかし、このような文章は、ホントに必要な人には響かずに、恋愛できたり結婚できたりするような、女性と曲がりなりにも関われる力のある方にしか響かなかったりもする。

結婚や恋愛できる側の男性本人は、コミュニケーションに難があるとか、コミュ障だとか、そのように思っていらっしゃったりもするから、改善しようとなさるし、その結果として、どんどん差が開いてしまう。

 

女性とコミュニケーションを取ることに対して、絶望的な障害を持つ方々は、このような文章を見かけると、ふざけんな、黙れと迷わず言ってしまう。民度の差があれど、大意では、そのような態度になりがち。

それは、彼らのこれまでの心の傷が、そうさせてしまっているのだけど、だからこそ、彼らは彼ら自身の言動のせいで救われず、ずっと悲しい世界の只中にいることさえ自覚できずに心で泣きながら、泣いてないもんと周りを叩き壊してしまうのだ。

 

なんて、世知辛いのだろうと思うけども、そうなると、可愛げすらなく、こちらが壊れてしまいかねないので、近寄ることすらできず、そっとおいておく他なくなる。

 

怒りというものは、深いかなしみの傷からできる。

 

怒りは、ホントにそれを見たものも巻き込んで傷をひらいてしまいかねないといえど、出さないでいようということは、非常に難しい。

怒りを招き入れるような異なる価値観の存在を遠ざけてしまえれば、その怒りは静まる。

だけど、その代わりに訪れるのは、言い様のないさみしさで。

 

この意味がわかる人は、たぶんに、女性とも男性とも、コミュニケーションを取れるようになれる。

人間とコミュニケーション取れるようになる基本的な状態の良さ、というものは、どうしたって必要で、それを損なうと、もうなかなか浮上できずに、定期的に爆発してしまう。

それは、私自身にもあるものだから、彼らには、今自分がつらいことを、まずは自覚してほしい、と願っている。

 

そうしたら、相談してみようとか、サービスにつながろうとか、必要なら医療や福祉の手を借りようといったように、社会のなかに溶け込めるキッカケづくりができるようになれるはずなんだ。

だって、まだ、この文章を読めるインフラは、手元に残されているのだから。

 

SHOWROOMにハマった話。

配信のSHOWROOMにハマったといっても、リスナーだけやってるかんじのかしわです。

 

LINE LIVE配信していたとき、ショールームのことをオススメされたけど、どうも乗り気になれなかった私……。

 

まー、リスナーだけなら的な。

リスナー楽しいけど、二人の息子の子育てで忙しいから、テキトーに楽しんでます。

 

んで、showroomでアイテム集めしてみたりすると、なぜか配信はじめたてルームに速攻一番乗りでやってきて、壇上にあがるオワタ丸という人のアバターが……。

ものすごーく気になってしまいまして。

 

この人、別にコメント残すわけでもないし、星や種といった無料アイテム投げるわけでもなく、当然課金していくわけでもなく。

 

ただ、ただ、居てるだけなんですよ。

なので、別に無害な妖精さん的な存在なんですけど、まぁ、目立つわなー。

 

オワタ丸さんは、ギフティングしないので(少なくとも私はギフティングしてるところ見たことはない)、オワタ丸さんのアバターの位置で、そのルームの人気度合いですとか、広く浅くポイントもらってるルームなのか、少数の重課金者の熱い支援で成り立つルームなのかといったことが類推可能なので、偵察組には、非常に助かる存在なのだろうと思われます。

 

同じような存在に、zonという方がいて、その方の謎をとく記事などから、オワタ丸さんの謎について、おそらく自動プログラムを使用した神業説が浮かぶのですが、別に彼が推すルームの存在は見当たらないし、ずっときいてるかんじやみてるかんじもしないし、ほんとに謎です。動機が謎。

 

暇つぶし……なんでしょうか?

だとしても、どうやって生活してるんだろう?

 

リスナー専門っぽいし、オワタ丸さんホント謎。

 

ちなみに、わたしは、noteってサイトで詩を書いていたりする者です。

よかったら、読んでください。

詩集|かしわ|note

 

できれば、投げ銭お願いします。

 

女性の高収入が魅力にならない問題は、若い可能性に与えて育てることで解決する。

男性の高収入は魅力なのに、女性の高収入が、なぜ魅力につながらないのか問題。

これは、根深い。

 

なぜならば、根底には、女性特有の、人間関係に対する不安や恐怖があるがゆえの警戒心が働いてしまい、新しく出会った人間にたいして、ギブをして与えて育てることができないがために起きているからだ。

 

ゆえに、もうすでに決着がついている層の同年代の幅での人間関係にこだわってしまうし、新たに人間関係を構築するとしても、同年代という壁を打破できない。

 

ここにこそ、問題がある。

たしかに、世代が違えば、会話もかわるし、お互いに気を使うことが増える。

だけど、与えて育てることができる人の周りには、必ず老若男女、世代を問わず人が集まるし、孤独を知らないで済む。

 

別に、恋人だとか結婚という形式にこだわらなくていい。形式が必要なら、そうしたらいいけど、人が必要なら、まずは愛着を育てることからはじめた方がいい。

 

例えば、子どもを育てるように、若い世代を育てること。

弟子を育成したり、エンジェル投資家になってみたりすること。

 

高収入の男性のうち、自分たちの生活満たされてきたなーとなってきた男性って、けっこうね、周りにギブしている人多いんですよ。

ちゃんとギブしている人たちだから、まわりの異性である女性も、魅力に感じるし、寄ってくるわけですよ。

だから、高収入が魅力につながるわけで。

 

たとえ高収入であったとしても、そのお金を自分に使ってくれない、まわしてくれない人に、人間って、魅力かんじないよ。

 

お金ってところ、時間とか、手間と言い換えてもいい。

 

まわりにギブをして、人間関係を育んでいける人は、年齢関係なくモテるし、収入関係なく人が集まるし、恋人切らさない。

たとえ独り身でも、友人や仲間に囲まれていて、孤独にはならないよ。

 

年を取って独り身がさみしいとかんじることが日常になるのであれば、それは、あなたがまわりの人間関係において、テイクに比べてギブが少ないってサインだよ。

 

だから、ギブの割合を増やしたら、うまくいくようになるよ。

そのためにも、自分の中にある、不安、恐怖、警戒といった心を知ることだよ。

そのうえで勇気を出すこと。

 

WEB環境の普及で、今までならありえない出会いも増えた。

だけど、それを生かしきれない人が多いと思う。

まずは、今そばにいる人を育む、人がいないのであれば、さがして育む。

育んだ先にあるのが、結婚なんだよ。

でないと、幸せな結婚生活にならないもん。

 

与えて育む。

もう、高収入を得られたあなたは、尊敬をしている人を追いかける恋のステージは、すでに卒業しているの。

だから、今度はあなたを尊敬してくれる人を育む愛のステージに進もうね。

YouTubeの方がいいのか?ブログはオワコンなのか?

ブログも、トップは出そろい、たいていの情報ジャンルは出そろってきました。

 

オワコンなんでしょうか?

 

たしかに、匿名でやるのなら、オワコンだと思います。

法人化させてる人には、勝てねぇ。

また、ブログだけで食べるのも、またオワコンかもしれません。

 

しかし、キャラクターを売るための場所としてなら、出口ではなく、誘導する場所、教育的なポジションあたりは、まだ役割終わっていないのではないか、とも思うのです。

 

YouTubeチャンネルを、最初に見てもらうのは、ほんとにハードル高いんですよね。

 

チャンネル登録者数少ないチャンネルは、そもそも見てもらいにくいです。

知らないのに、売れるわけがない。

だから、YouTube販路としては、まだ力になる。まず、YouTubeチャンネルの存在を知ってもらうためのきっかけになるということですね。

バナーがはれるとなお強いということになりますね。

 

というか、フロー型になるものの、配信サイトの方が、初見さんに発見してもらいやすく、オススメの力がきくってどういうことよ。

 

そのへん、TicTokは、ストック型でありながら、通りすがりの初見さんに見てもらえます。

投稿待ち中にオススメ動画が出てくる仕組みなんです。オススメ動画は、たいていバズった動画ですが、ちょいちょい新人の動画も入るし、ファン数に関わらず、バズりやすいんですね。

とりあえずは、だれでも二百回前後は見てもらえます。

 

で、

TicTokとYouTubeは、同じ動画コンテンツです。

ショートムービーとロングムービーの違いはありますが、動画見る層がそのまま流れてくれるので、誘導として使えます。

 

ブログは文字コンテンツなので、たとえYouTubeチャンネルはっていても、これを読んでいるあなたが、出先などで音声を出せない、動画視聴が難しいタイミングである可能性があるんです。

 

TicTok→YouTubeの流れなら、そのおそれは少ないです。

 

じゃあ、やっぱりブログオワコンやん。

ってなるのですが、そうだとしても、YouTubeとて、永遠じゃない。

 

まだハネてないだけで、ウケるだろうというコンテンツ予測に、VRがあります。

これは、ゴーグルの普及度合いによって変わりますが、ゴーグルさえ普及していけば、スマホの時代は終わります。

 

こうなると、動画コンテンツであるYouTubeは、とてもきびしくなります。

また、斬新で洗練されたシステムをもつTicTokも安泰とは言えなくなります。

 

こうなったときに、VRコンテンツと既存のフォロワーをつなぐコアになる可能性が高いのは、ブログだと思います。

なぜなら、文字を読むくらいの人って、けっこうコアなファンになりやすいからです。

 

今までの積み上げをムダにしないために、ブログも維持するということです。

 

華志笑かしわ - YouTube

 

わたしのYouTubeチャンネルです。